魔法少女ともきマドカ 更新薄いのでTwitterへお願いします
| Admin | Write | Comment |
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
読書メーター
世羅 智樹の最近読んだ本
プロフィール
名前
世羅 智樹
職業:
ドリームチェイサー(笑)
趣味
ゲームとかラノベとかアニメとか
連絡先
celluloid_androidアッと
mail.goo.ne.jp

messenger
seraphicshrineアッと
hotmail.co.jp

Twitter
sera_celluloid

Skype
celluloid_android

ニコニコ動画

御用の場合はメッセンジャー、もしくはTwitterへどうぞ


mixi

JOY SOUND うたスキ



PS3アカウント:kriemhilt

最新コメント
[01/21 世羅]
[01/16 たまご]
[05/08 世羅]
[05/06 たまご]
[02/15 世羅]
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、ゲームを買ったという日記をつけると必ず短所ばかり挙げてしまう世羅です
自分でも何故ここまで短所ばかり挙げるのかよく分からないんですが、多分書きやすいからなのでは、と
“面白い”というのは人に伝えるのは難しいし、大体それで共感してくれるかどうかも分からない
逆に“面白く無い”は所謂「ここの設定とかがもうちょっとこうだったらな……」とかいう考え方をするのでサラッと並べ立てることが出来るんですよね
そういうわけで、私は自分の面白いと思ったことを人にわかりやすく伝えられる人に、そういう人に私はなりたい

とりあえず以下は項目ごとに適当につらつらと

・012回目の闘い
ストーリーモード、デュオデシムでの新作部分
ライトニングがリーダー的存在となって新キャラたちがメインなお話
いきなり新キャラを触れるし、ストーリーは以前から問題ないゲームなので面白かった
開始1時間でカインさんが裏切るのは多分笑うところ
既存キャラは出番が薄かったけど、それはカインさんのせいです
よくも悪くも前作からの伏線を綺麗に回収した上手く纏まったストーリーでした
最初からわかってたことだけに全滅エンドなのが悔しい

・013回目の闘い
なんとこのゲームは前作のストーリーを新しいシステムにして全部収録しました!!
ちょっと待てや、と思ってたのですがかなり苦痛でした
いくら面白いとはいえ前作やったときは60時間くらい掛かっていて、また同じものを見るのか、とキツい
それでも前作からの引継ぎがあったおかげでステータス的には余裕だったのが喜ぶべきところ
とはいえ、アイテムは引き継がれなかったので道中の宝箱が気になってあっちに行ったりこっちにいったり……
途中から他愛も無いアイテムしかないな、と思って宝箱すらスルーしてひたすらにストーリー消化作業でした
合間合間に過去回想シーンとして012回目の闘い部分で描かれなかった新旧キャラのやり取りが見れるのでそれを楽しみにプレイしていました
しかしセリフやムービーがまるきり使いまわしで、表情が追加されてるくらいなので既存部分は本当にヤバい
表情追加されても口パクは口が開いてると閉じてるの2種類しかないので違和感バリバリなのは残ってるし
せめて口パクは3パターンくらい欲しいです、6パターンくらい欲しいところだけど
まぁでもこの話が無いとストーリーのボリュームが無いし、何より012回目の闘いだけだと「え、そこで終わりなん……?」ってなるので必要なのは理解出来るのでなんともむずがゆいところですね
言ってしまえばこのゲームはディシディア完全版なので前作で触れてない人には是非こちらで
あ、でもやっぱり新キャラがこのストーリーに一切関わらないのはかなしかったな……

・ラビリンスモード
実は1回しかやってない
前作にあったデュエルコロシアムの新バージョンのようなもの
色んな迷宮があって、戦って得たメダルを使い装備を整えて進んでいく
デュエルコロシアムは何も考えずにひたすら戦えてついでにアイテムが手に入ってラッキー、なモードだったんですが、今回はいろいろ考えることが増えていてそういうわけにはいかなくなったもよう
アイテムは基本的に装備の素材になるものですが、基本的に装備を集めるのは人からカモゴースト貰って直接ドロップや素材ドロップで交換、などが主だったりするのですが、前作時点ではカモゴーストを手に入れるのが面倒だったので私はデュエルコロシアムに入り浸ってました
そもそも対人戦をしてなかったので装備は殆ど無くてもよかったのですが
でも今回はもぐWebを使ってネットでフレンドカードのやり取りが出来るためにカモゴーストが手に入りやすいので、そういうところで素材を手に入れたりする、ということが殆ど必要無くなったのです
なのでこのモードはアイテムを集めるためのモードではない! ということですね
それでもやっぱり中で手に入れたアイテムは簡単に持ち帰れるようにして欲しかったです

なんかやっぱり悪いところばっかり挙げてる気がするので気を取り直してキャラに対して思ったことをつらつら
思ってないキャラは書かないヨ、このキャラどうやねん! って思う人はコメントなりでお願いします

・ライトニング
新キャラのリーダー的存在、名前が似ているのでウォーリアオブライトとよく絡む
原作の記憶が無い割にキャラとしては見事に13のライトさんそのもの
考えると弱気になっちゃうから考えないで虚勢張ったりするところとか
結構口が悪いのでウザく感じる人もいると思うけど、彼女の弱さを知ると可愛く見えると思います
性能としては3つのロールを切り替えるキャラクター、ではあるのですが
ロールのブレイブ攻撃を全部外すと戦闘中にそのロールにならなくなるのでいらないロールは外すことが可能
(アタッカー→ブラスター→ヒーラー→アタッカー→……をアタッカー→ブラスター→アタッカー……に出来る)
ヒーラーとかヒーラーとかヒーラーとか、皆使わないよね
あえてブラスターもヒーラーも外してアタッカーだけで戦うのももちろんアリ
その分CP節約出来るのでいろいろアビリティ付けて戦う、とか出来るのがディシディアの面白いところ
EXバーストの締めはかがんでるだけだとちょっとダサいので斬鉄剣を放り投げるくらいしてもいいと思います

・カイン・ハイウィンド
元祖裏切り系竜騎士、カインさん
おそらく新キャラ勢ではぶっちぎりの人気を誇る
近作ももちろん裏切ってくれます、意外なキャラとグルになって裏切ったので中々衝撃的でした
別に操られたりするわけではなく、裏切るのもちゃんとした理由があるので裏方に回る苦労を教えてくれる人
とにかくもう山ちゃんのボイスが素晴らしくて仕方が無い、山ちゃんがいっぱい喋るゲームは買います
キャラ性能は結構むずがゆい感じです、ブレイブ攻撃は当てやすいけど判定弱くてガードされると全部辛い
更に便利なHP攻撃が無くてHPを削ることも中々簡単ではない
もっと言うと基本的に吹き飛ばす攻撃が多くて、吹き飛ばしてからそれを追いかけられる特殊行動があるけどそれは別にコンボに組み込めないのが辛い
しかし、HP攻撃は爽快なものが多く、ジャンプはかなり避け辛く、上手く使うとかなり気持ちいい
他にもグングニル・ライジングドライヴ・スカイグランダーは当たるとバリバリ抉るので脳汁が出せます
EXモードになると特殊HP攻撃として竜剣が使えるのですが、たぶんこれが一番便利です
あと、シークレットボイスで「おれは しょうきにもどった!!」って言ってくれます

・ユウナ
参戦がかなり意外だった皆の召喚士ユウナちゃん
闘いを繰り返していくうちに原作の記憶を取り戻していくという設定の上で長く戦ってるので記憶がたくさんある
原作の記憶に関してはエクスデスに次いで記憶を取り戻してるのではないかと思うほど
原作には無かった指笛でティーダを呼ぶというシーンがあって本当に感動した
残念ながらそのティーダは記憶無いし、敵だったけど……
ティーダといえば名前呼ばれない系主人公なのですが、今回は名前が固定なのでちゃんとボイス付きで呼ばれます、ユウナちゃんと言えば独特のイントネーションで「キミ」って呼んでたのですがちゃんと「ティーダ」って呼んでくれます
原作で名前を呼べなかった反動なのかやたらと名前で呼ぶのですが、やっぱり「キミ」って呼ばれるのがいいですね、最初に「ティーダ」って呼んだときに感動したけどさ
PSPのスペック的にキツい! とよく聞いていたのにバリバリに召喚する系ヒロイン
判定が謎だらけで当分の間対戦などでは分からん殺しを仕掛けることが出来るでしょう
イクシオンとかいう原作ではひたすらに微妙だった召喚獣が一番使いやすい感じでした
逆に大人気のシヴァさんが使ってて未だに攻撃範囲が分からないです
EXモードでのダブル召喚では召喚獣の華麗なパスワークを見せてくれます、是非使いましょう

・ラグナ・レウァール
皆大好き足攣り系大統領
よくある剣と魔法のファンタジーRPGの世界に銃火器を持ち込んで殴りこみに来ました
発表された当初ではCVが微妙にズレてるなぁ、と思ってたのですがストーリーで喋ってるのを聞いてると違和感が完全に無くなりました、凄いぞバルフレア、ちなみにコイツのおかげで最遊記の4人が揃いやがりました
ストーリーではムードメーカー的なポジションで皆を和ませたりするイイとこ以外では頼りない系アニキです
問題はそんなに凄い活躍シーンが無かったこと、基本的にムード作りも突っ込まれ役なので結局頼りない系アニキになってる始末、もうちょっとかっこつけてもよかったんだぞラグナくん
得物からして異質な彼ですが、考え方もかなり斬新なようでかなりの謎思考をしている暗闇の雲相手に重要な情報を聞きだしたりと、異質なことが武器になってる様子
戦闘ではとにかく撃つ、撃つ、撃つ、たまに投げる(手榴弾とか)
HP攻撃ではついにラグナロクを模したレーザー砲を持ち出す始末、かなりフリーダムです、コイツ
実はあんまり触ってないのでちょっとこれ!ということが言えない、EXバーストすら拝んでない
ただ、勝利ポーズを見てると「ラグナ君が楽しそうで何よりだ」と言いたくなります

・ティファ・ロックハート
皆大好きFF7系ロケットおっぱい
新キャラは新キャラで大体固まってる割にコイツだけ「クラウドとセフィロスの出番増やすために出ました」感が凄い、正直一番影が薄いと思った
出番あってもあの二人が出てきたら喋らなくなるし……最早逆に可愛そうと思えるレベルに
声優に関してアレコレ言われてますが、叫んだりするのが苦手っぽいくらいで後は結構普通です
まぁ、こんなもんじゃん? みたいな感じの普通、凄んだりするのは得意らしい
戦闘ではフェイントという瞬間移動を駆使する正統派(?)肉弾戦キャラクター
ただ、このフェイントというのが結構クセモノで、決まったタイミングでしか発動出来ない
更に攻撃のテンポが速いので覚えておかないとフェイントを入れることが難しい
フェイントした後は更に攻撃ボタンを押さなきゃいけないのでボタン入力が忙しい
攻撃が早すぎるために最初からフェイントを入れるつもりでボタン押さないとほぼ不可能
ただし、攻撃は早いのが多いので対戦ではかなり有利っぽい
と、激しく玄人好みのキャラクターに仕上がってます
今の所は別のキャラにご執心なのでもっと気になってきたら触っていきたいキャラです

・ヴァン
皆大好きお前なんで居るの系一般市民
オイヨイヨ!で一躍有名になり、中々のアレさ加減があったりしつつも結構な人気キャラになってますね
最大級に残念なのが声優変更という憂き目に遭っていること
確かに当初でこそオイヨイヨ!とかでしたが、今では立派な演技派俳優らしいので期待は大きかったです
新しい声優さんも中々頑張っていて、原作のフンイキを上手く再現しているので悪いということは無いですね
しかしストーリーでの扱いがかなり悪く、正直何故召喚されたし、と言わざるを得ない
基本的に召喚されるには既存のキャラとの関係性が必要なのに、コイツに関係があるといえばガブラスで
ガブラスと言えば前作では隠しキャラでメインストーリーには一切絡んでなく……
つまりヴァンが活躍する012回目の闘いでもヴァンとガブラスは一切絡みがありません
更に仲間内でも基本的にラグナと漫才ばっかりしています
最終的にはカオス側に居たティナを説得し、コスモスへ導くと言うかなりオイシいポジションになってますが
まぁ……ポッと出てきてたまーにいいセリフを言う辺りは原作再現と言えなくも無い
戦闘では色んな武器を持ち替えて戦う多彩な技を繰り出す
色んな武器を持ち替えるキャラといえばフリオニールやバッツが居ますが、彼らと違い一度使った武器は持ったまま、というちょっと変わったスタイル
違う武器を持ち出して攻撃するときはスイッチ技という性能が変わった技を繰り出すことが可能
スイッチ技は性能向上などがあり、面白い技が多いのですが、出が遅くて当たらないときは当たらない
逆に通常技は出が早く、使いやすい技が多い、と戦闘中に考えることが多いキャラです
ただ、カスタマイズの時点で地上・空中で両方8個もブレイブ攻撃があるのでどれを選ぶか相当悩みます
個人的にはソード&シールド、グレートソード、ガンズ辺りが中々便利なのでは、と
ソード&シールドはスイッチでガードが付くので出が遅くても問題ないし、グレートソードは距離が長いです
ガンズはスイッチだと回避行動ありでこちらも出の遅さをカバー可能、逆に通常技が使えないけど
他にはスイッチでガードクラッシュが可能なアックス&シールドなんかもいいかも
どのコスチュームもいい感じのが多くてどれを使うか悩むけど、アナザーコスチュームが一番いいかも
期待されていたA2のコスチュームはシャツの質感が結構ビミョい

・ギルガメッシュ
皆大好きMP足りない系歌舞伎役者
隠しキャラというかサプライズ枠なのでメインストーリーへの絡みは一切無し
サイドストーリーでいくらか話がある程度
12で登場したときは郷里さんが声優をされていたのだが、惜しくもお亡くなりになられたので声優変更へ
新しい声優は皆大好きガチホモ系汗くさ親父ナンバーワンのワッカさんと同じ人です
何気にコイツのせいでBASARAの正宗と幸村の夢の対戦になったりしてます
実は使えるようにした割に一切触ってなかったり……あんまり琴線に触れるキャラではないですね
ただまぁ動いてるところは面白いので悪いことは無さそうですけど
触ってないので余り書けません、ごめんなさい

・プリッシュ
皆大好きはらぺこ系ヒロイン
FF11はやったことが無く、キャラは既存のシャントットと外部でやたらと人気のあるブロントさんくらいしか知りませんでした あ、ブロントさんは登場キャラじゃないですよね
プレイした人からは割と名前は聞いてたけど、名前と口調くらいしか聞いてなかったのでまさか女の子だとは思わなかった、いやほんとほんと
そりゃあだって「一人称俺の荒っぽい口調」で「神様にドロップキックかます奴」って言われたらさぁ……
とりあえずこいつもサプライズ枠なのですが、ストーリーの絡みはちょっとだけあったり
皆名前が無くて可愛そう、と思っているウォーリアオブライトさんに名前を付けた、という偉大なる人物だったり
どんな名前をつけたか? それはゲームで確認してくれ!!
声優はある意味一番ホットな声優、平野綾さん、別に言うほど好きでも嫌いでもないのですが、このキャラにはかなり合ってます、魔法使うときだけ性格が変わるらしい設定も上手く再現してますね
シークレットボイスでのはらぺこキャラも非常にユニークで面白い
戦闘ではカスタマイズで自分で好きに作ったコンボを自在に操るコンボメイカー
技の組み合わせ次第でFF11にあった技連携を出せるよ! というキャラクター
しかし、コンボの種類が結構多くて、カスタマイズ画面が非常に見辛い、コンボ出来る技をセットすると一覧表示された2段目の技を選ぶけど、全部表示されたままなのでページが縦に長い長い
組み合わせで追加効果などが変わるのでこれ!と決めるまではいろいろ組み替えて研究する必要があるのでこれはちょっとどうなのかなー、と思ったり
でもEXモードで3段コンボが可能になって、コンボの内容次第で連携が2回発生したりすると非常に派手な画面になって動かしていて非常に楽しいキャラクターです
エルヴァーンという結構背の高いキャラな割にでかいキャラは多いので全体的には小さめなキャラなのですが、殴ってる音が非常に重く、そのギャップも凄いです
その辺りの甲斐あってか、気付いたら一番動かしてるキャラになりました、バトルレコードで一人だけバトル時間が桁違いに
シークレットボイスではHP攻撃、EXバーストのセリフが全部変わるのでシークレットボイスになると戦闘中につい吹くようになるのでちょっとどうにかしたいところ
他のキャラのシークレットボイスは一言だけだったりするのにやたらと豪華です



とりあえず、新キャラだけいろいろ語ってる結果に
っていうか長すぎですよねコレ、でも語りたいんだ、いいだろ
対戦がしたいので興味を持った方は是非どうぞ

PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101]

Copyright c ガラスとセルロイド。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]