魔法少女ともきマドカ 更新薄いのでTwitterへお願いします
| Admin | Write | Comment |
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
読書メーター
世羅 智樹の最近読んだ本
プロフィール
名前
世羅 智樹
職業:
ドリームチェイサー(笑)
趣味
ゲームとかラノベとかアニメとか
連絡先
celluloid_androidアッと
mail.goo.ne.jp

messenger
seraphicshrineアッと
hotmail.co.jp

Twitter
sera_celluloid

Skype
celluloid_android

ニコニコ動画

御用の場合はメッセンジャー、もしくはTwitterへどうぞ


mixi

JOY SOUND うたスキ



PS3アカウント:kriemhilt

最新コメント
[01/21 世羅]
[01/16 たまご]
[05/08 世羅]
[05/06 たまご]
[02/15 世羅]
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

めんどくさくなったので適当に終わらせます
誰か面白い日記を書く方法を教えて下さい
とりあえず、劇場版オーズ見てきたのでその辺り適当にやります


ゴーカイジャー
・声優豪華! ラオウに波平にフリーザ、ほか色々!
・ザンギャック空気 あとゴーカイシルバーも空気
・3D推しっぽいカット多くてなんかアレだった(2Dで見たので
・野球のシーン意味不明
・相変わらずゴーカイジャーのアクションは良かった、一騎打ちとか
・CGでやるゴーカイオーVSにせゴーカイオーはすごい迫力だった

オーズ
・最初にドイツだったシーンがイミフすぎ
・錬金術師(ガラ)を封じてるところがマンホール過ぎる、蓋は徳川家家紋
・サクサクメダルを奪われるグリードたち、お前ら出番じゃねぇよ宣告
・500万でちょんまげはないわー、2億くらいだったら考えるわー 最初の兄ちゃんは似合ってた
・エイジがバースに返信、いつものポーズでハンドルひねるのはちょっと難しそうだった
・鵺ヤミーかっこよかった 戦ってるのを目の前でガン見する将軍
・将軍や町民と共闘するオーズ、かかる例のBGMオーズ劇場版Ver、これだけのためにサントラが欲しい
・アンク自身のメダルを使って変身はなんかふつーのシーンだった
・将軍「エイジ! これを!」 今回のMVP爆笑シーン
・ブラカワニかっこいい、ただ将軍はキメ台詞いうのはワンテンポ遅らせた方がよかったかと
・フォーゼ登場、まさかのオーズぶん投げ
・フォーゼの人はサザエさんみてェーな髪型だし服装もアレだけど好青年、ただしちょっとバカっぽい
・CGの巨大怪物と戦うオーズ これも異様に動いててかっこよかった
・グリードたちがメダル貸してくれてガタキリバの分身からオーズフルコンボ8人集合
・スペシャルアイスのために怪力に耐えるアンク
・EDはマツケンオーズサンバ、あんまりサンバっぽくない でも映像は良かった

こんな感じでした、全体的に明るいムードで進むのですごく楽しく見れました
夏休みは終わったのでもうすぐ公開も終わりそうですが興味がある人はお早目にどうぞ
PR
自転車、買いました
こういう奴です
http://twitpic.com/4ev3f0
うそです、これは同じ日に買った漫画の表紙です
コレです
http://twitpic.com/4eun4z

具体的な商品名としてはSCOTTのSub40と言うもので、去年のモデルらしいです
商品ページはこっち→ http://www.goldwin.co.jp/scott/bike/products/onroad/sub40.html

前に乗ってたのは1万くらいのママチャリで、もう5年以上は余裕で乗ってていい加減ボロボロなので
新しいの欲しいなー、と思っていると、この手の自転車を乗り回す人が新しいのを欲しい、とか言ってたので「じゃあ古いのくれよ!」って言ってたんですが、いつの間にか別の人に贈呈されていたので自分で買うことになりました
定価は6万弱らしいのですが、実際の値段としては5万をきったのでまぁなんとか頑張れるのではないかと
でもそれを10回分割で買ってるので将来は不安しか残らないですね

で、この自転車をよくみてもらうと分かるのですが、なんとスタンドがありません
注文したお店に純正品が無くて、別のメーカーのでも良かったんですがフレームが傷つくのでオススメしかねる、と言うので純正品のスタンドを取り寄せてもらうことにしました
1週間は掛からないらしいですが、3日目辺りでストレスが爆発すると思います

買った店からうちまでは大体二駅くらいあるので、受け取った後はそのままちょっと買い物して帰ってきました
その間でも既に自転車置く場所に困って、更に盗難被害を想像してビクビクしてました
ごっついゴジラロックと言う鍵を買ったのですが、これでもやろうと思えば1分掛からずに壊せるらしいので怖い
実際に走った感想としては
・今までの自転車とサドルの高さが違って視点が全然違う
・サドル硬くて座り方考えないと痛い
・足、腕、背中が常に力入って更に普段使わない筋肉なので多分1時間くらい乗ると死ぬ
・体がピンと伸ばしてる部分多いので足以外殆ど固まったまま
・流石にすいすい走れて気持ちいい
・ギアチェンジある自転車なんて小学校以来なのでギア操作がよく分からない
な感じでした
実際は新しくて綺麗でカッコイイ自転車に乗れてるだけで満足してると思います

でもギアは多少操作したけどどういうギア比がいいのか良く分からないですね
ペダル側にもギアがあって、チェーンの位置は出来るだけ真っ直ぐになるようにした方がいいよ、と言われたのですが、そうすると後ろ小さい-前大きい、後ろ大きい-前小さい、みたいなのが正しい比率になるっぽいです
そしてギアが小さいと力いらない変わりに全然力が入らないので結局ギアそこそこでいいんじゃね? っていう結論になってます
あと、この自転車のギア操作はグリップじゃなくてレバーなんですが、親指でギア上げて、人差し指でギアを下げる、という操作っぽいのに親指のレバーには左はHIGHって書いてて右にはLOWって書いてて混乱しますね

とりあえず、次はスタンドとベルを取り付けて、鍵はもう1個くらい付けておきたいです

凄いよ! 同じゲームで2つ目の記事だよ! やったねたえちゃん!
と言うことでディシディアデュオデシムファイナルファンタジー(以下DDFF)のお話です
DDFFと言えば対戦ゲーなのですが、実は前作無印から対戦なんて数えるほどしかしてなかったのです
ポケモンも友達が実際にハマり始めるまで殆ど対戦しなかったんだから一緒だけどね!
まぁ、でもPSPにはアドホックパーティと言うものがありまして、もちろんDDFFも対応しているわけで
つまりアドパを介してその場に居ない人とも対戦出来るわけです!
それでもなんとなく「挨拶とかめんどい」「話しかけて反応鈍かったらイヤだ」だとかコミュ貧発症して対戦したことがありませんでした(ボロボロに負けるのがイヤだとかそういう発想はしない)
でもそんな不安に打ち勝って先日初めて対戦してきたわけですよ
対戦成績は散々でしたが、中々白熱した闘いをすることが出来てとっても楽しかったよ!
そして、DDFFと言うのは対戦のリプレイを保存して、aviに出力することが出来るのです
中々こういう外部に出力させる、っていう機能は無いと思うのですが、面白い試みだと思います
それを利用して、ニコニコ動画などで(他所では確認してないけど)対戦動画の投稿が中々熱かったりします
対戦をちろっ、とだけやった私でも投稿だけなら簡単に出来るので、ちょっとやってみたいな、と思ったのでした
でも今回はリプレイを保存してないし、いきなり投稿していろいろ酷かったらどうしよう、と思ったので
とりあえずテスト的に適当なリプレイを作って投稿してみることにしたのです
結果は一番下に貼っておきます、中々画質、音質ともに良好なものが出来たので満足
でも1戦だけで8分、というのはどうにも物足りないので実際に対戦動画を投稿するときは2~3戦まとめて投稿したいので、実際にこのクオリティを何時まで保持出来るかは不明ですね
容量に関してはかなり前からプレミアムなので当面は問題ないしな!!
あと、本当にやるのか、どれだけ続くのか、も分からないので結局動画作ったのこの1本でしたぁぁぁーー!!ってことになるかもしれない、っていうのも注意ですよね

それでは、また投稿した時に




あ、コメントとか全然無いのはご愛嬌です、CPU対戦にコメントつける奴なんていねーよ!
どうも、ゲームを買ったという日記をつけると必ず短所ばかり挙げてしまう世羅です
自分でも何故ここまで短所ばかり挙げるのかよく分からないんですが、多分書きやすいからなのでは、と
“面白い”というのは人に伝えるのは難しいし、大体それで共感してくれるかどうかも分からない
逆に“面白く無い”は所謂「ここの設定とかがもうちょっとこうだったらな……」とかいう考え方をするのでサラッと並べ立てることが出来るんですよね
そういうわけで、私は自分の面白いと思ったことを人にわかりやすく伝えられる人に、そういう人に私はなりたい
友達から借りたダンガンロンパを終わらせました
具体的な評判は聞いてなかったのですが、PSPのADV部門売り上げランキング3位は伊達じゃなかったです
どう考えても声優で釣りに来たゲームだったのに内容としてはかなりガチなストーリーでした
推理? あぁ、アレはただの味付けですよ、味付け、世界観をもっともらしく演出するための装置なだけです
事件がおきてから裁判が始まるまではひたすらに証拠などを探すだけで推理は殆どぶっつけ本番
主人公の考えとかもあまり見えてこなくて、プレイヤー側での裁判前の推理はほぼ不可能
更に裁判パートにおいても微妙なアクションやウザい妨害要素などがあって結構ストレスが溜まることが多かったりして、裁判パートはほんとかなり苦痛でした
一番しんどかったのが言弾の記憶を使った推理で、それってわざわざ主人公がもう一度言う必要あるの? みたいなレベルです
ただ、妨害要素だとかゲーム部分に関しては本当に演出の部分が多いので、裁判のフンイキを掴むには抜群だったといえるでしょう

眠い頭なので支離滅裂になる前に適当にキャラごとの感想で終わりにしましょう
キャラに関してはネタバレ全開なので気をつけてね


≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c ガラスとセルロイド。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]